セリーヌ 財布 グリッター メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌ 財布 グリッター

TheNewsグッド政治ブログ常にグレーです我々はパキスタンの政治に見ることができる1前向きな姿勢は、政治には黒または白が存在しないということです。 最近PMLNとMQMの会合は常に政治にグレーが必要であることを証明した。 あなたのドアを開いたまま、通信を停止しないと国が要求している場合、一緒に座ることがない。 しかし、それらの通信はパキスタンのメディアに歓迎されませんでした。 しかし、メディアはunenthusiastically挙動を示したこと、それらの両者総会について奇数は何でしたか? 一部が成功し、いくつかはありませんが、我々は、パキスタンの政治、名前民主主義で行われたすべてでは最近多くの不道徳な同盟を見ていない?2006年5月、ベナジール·ブットとナワズ·シャリフはさておき、すべての過去の対立を離れてブラッシングすることによって民主主義の憲章(COD)を締結しました。 CODは、パキスタンの民主主義を復元するには、両当事者間で積極的な態度であった。 歴史は、各任期における二大政党の間で敵対的な状況を目撃した。 政治的動機偽ケースや汚職疑惑は、一般的な慣行であった両方のお互いのために行った。 ブットの死後、ザルダリはパーティーヘッドとしてシャリフとの関係を担当した、彼らは共同連邦政府を作ってしまったところの両方が一緒に2008年の選挙に参加しました。 PMLNはPMパキスタンとしてGilaniための無条件の支援を提供した。 ザルダリは、1990年に誘拐や恐喝の場合には起訴されたが、どのベナジール·政治的動機とシャリフ政府がケースを製作呼ばれる。ブットはパンジャブながらPMLQに暗殺されたルールであった。 ザルダリは公然と Qatilリーグを呼び出すことによってPMLQを非難した。 報道によると、ブットは国際的、彼女はこれまでにパキスタンで殺害される場合、その後PMLQムシャラフEllahiの頭部が充電されることを指して手紙を書いた。 しかし、その後PMLQ招待民主ザルダリを保存するため、誰がその後反対に座っていた、政府の彼らのパートナーとして。どのようにしてイムランカーンがひどくJamiatの学生が殴られた後、Jamiatの願いで警察に逮捕されたパンジャブ大学で起こった恥ずべき事件を忘れることができます。 最近では、PTIのアリフALVIはPTIがシンド政府のPPPに参加することを絶好のチャンスとCMシンドPPPのに会った。 我々は、すべてのザルダリに対するカーンの立場を認識しています。シンド国民党は同盟を結成し、 PONAMプラットフォーム上に小さな地方を集めました。 それは彼らによると最大の州は小さな州の権利と富に占領されている、パンジャブ、理由に対して行われたました。 しかし、その後Paleejo、MagsiとムムターズBhattoようなシンドナショナリストとシャリフの最近の会合では、2つの州間のブリッジcalledasあった。 ムムターズはPMLNに彼の党を吸収合併。バルチスタンでは、最後の数年間で、バルチスタンに住むパンジャブ人のターゲット殺害、ピークであったが、突然Balochのリーダーシップも統一に向けた大きな一歩と考えられていたシャリフへの信頼を示した。ただシンド高等裁判所によって犯罪者を宣言し、実行時にあるされ、最近では、PMLNシンドリーダーシップGhausアリShahは、PTIとJIのリーダーシップは禁止衣装ピープルAMN委員会(PAC)のUzair Balochのチーフへの訪問を支払った。 GhuasアリShahはPMLNに参加するUzairを招待しますが、暴力団はパキスタンの政治に歓迎されているとして、全く分析や非難では反対に出てきません。最近のメディアの報道は、私たちがJUIFがKPでPTIのライバルであることを知っているように、KPK Israrullah Gandapurにおける法のためのPTI大臣はPTI候補に対してNA25用JUIF候補者を支援しているが、メディアはこれをサポートするための質問PTIなかったことを示している。 驚くべきことに、アフタブSherpao、KPでPTIの路地のQWPはPMLN大統領候補Mamnoonフセインに投票した。当時、政府の外にあったすべての関係者が出席した2007年ロンドンAPCは当事者が次にPPPが拒否MQM、との政治的提携をしないことを一点の議題に合意した。 PPPの洞察力は、パキスタンのカラチの重要性のようなパキスタンの政治にMQMの重要性を見て十分でした。 彼らは任意の政党のために ドアを閉じた状態のいずれかのステートメントを与えていないので、ここでMQMは、他のすべての関係者よりも優れた政治的なアプローチを持っています。 過去数年間で彼らは異教徒間の調和をASWJ、Jafferiaアライアンスや他の宗教団体と連通しMansooraを訪問。それは、カラチを制御MQMに関するものではありません、それがアーバンシンドMQMのためカラチ投票を含むものの大半についてです。 それは、これらの政党が主流政治の都市シンド外の人々を残したいということを意味していますか? この増加都市シンドとnonSindhisの剥奪とは、国の状況のように別のバルチスタンを作成することはありませんでしょうか? 代わりに自分のカードを再生すると、メディアは人々に、最後に団結と政治的安定をもたらす政治における コミュニケーションの大切さを教えるべき。私たちの政治家とその色について話すとき、それは彼らの問題が深刻な異障害に苦しんでいる、と明確に見えるようになります。 手段、彼らの灰白質は、(脳内)のすべての場所のほとんどは不適切に移行しました!
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013