セリーヌ バッグ フィービー メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌ バッグ フィービー

torbaystrokesurvivorsのウェブサイト私は6ヶ月間仕事を休んでいた後、仕事に戻って行きました、それは非常に難しいと私は非常によく歩くことができなかったように疲れていたし、私のスピーチが大きく影響を受けました。 私子供たちはすぐに私が正しく行われ、フロントに戻り、文字と数字を書きます! 私は、彼らは私が何であったか理解できなかった場合でも、それは私が人々に話し、約出て、助けたと思いますの話。 子どもたちとスタッフは私にとって大きな助けとなりました。 悲しいことに私はすべての支援を受けても、私の職務についていくと、早期退職を取らなければならなかったことができなかった。私はストローク5年前に持っていた。 この時点で私はストロークを持っていたことを知らなかったが、唯一の私の医師と私の脳スキャンの結果を訪問した後に気づいた。 私何かが間違っていたと思ったが、私はそれが何であったかわからなかった。 私は血圧が私のストロークに向けた大きな貢献だったと信じている、と私は彼らの血圧を持っているすべての人を促すであろう定期的にチェック。 私のスピーチは私の右腕で強度とともに、悪化している。 私は自分の仕事でエンジニアだったので、私はたくさんのことを行うことができませんことを、それは非常にイライラ見つける。 私が出席ストロークハブとコンピュータクラブ毎週、これが私の自信にも私のスピーチで私を助けている。私の名前はアーサー·スウィーニーとトーキーに住んで脳卒中生存者である。 私は2011年8月に私のストロークを持っていた。 私は多くのことを持っていたが家族からの助け、私も非常に一人で感じていた。 ストロークは私のスピーチと私のモビリティのいくつかに影響を与えていたし、また私に私のバランスに多くの問題を与えていた。 私の認知過程とのようなもの時が経つに読み取りおよび書き込みは、ますます難しく、私にとって非常に悲惨になりました。 脳卒中協会を通じ、私はデビッドMannion氏に会った人私は孤立と無力の私の継続的な気持ちに対処するかもしれないグループのカップルを紹介してくれた。 私は当初、脳卒中生存者のグループに加わり、で毎週水曜日の朝に会ったトーキーのグランドホテル。 私はまた、ペイントン図書館で月曜日の朝に会ったグループに参加しました。 私がしていた多くの人々に遭遇したとして、これらのグループの両方が私には莫大であった自分自身に似たような状況。 それは私が他の人々はまた、脳卒中を生き延びていたし、私も経験していたものに似たような問題を通過していたどのように多くのことを実現だけにしました。 私また、すべてのストロークが異なっていたが、多くの類似点を持っていたことに気づいた。 我々はすべての異なる船で旅していたが、すべてが同じボートに乗ってしまったかのように、それはあった。 これらのグループに出席していた私は回復への私の長い道のりに引き続き不可欠と私にとって大きな慰めでし。 これらのグループの他の人は、他の脳卒中の多くと同様にプラスの効果があったように見えた生存者。 また、これらの基はさらに影響を及ぼし、さらに脳卒中患者を助けることができることが示唆された。 ペイントン図書館といくつかの素晴らしいヘルパーの助けを借りて脳卒中のコンピュータグループが形成され、木曜日の午後に会った。 このグループに参加するインスピレーションを与えて、すぐに私の継続的なリハビリテーションの不可欠な一部となっています。 多くの私自身を含めグループは、音声言語と認知の問題を抱えていた。 他の人が彼らのかつてのスキルや能力の多くを再学習する必要がありましたしながら、グループの一部は、コンピュータを使ったことがなかった。みんなが一緒に働いて、私たちの試練と苦難を通してお互いを助けた。 我々はすべての 私たちの継続的で一緒に働くように脳卒中のコンピュータグループは、強さへの強さから点灯
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013