セリーヌ ファントム ブルー メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌ ファントム ブルー

TSSは、薬物検査の学生に地元ゴールドコーストのニュースを考慮パーティの薬物使用を排除する学生のためのランダムな唾液や尿検査を展開検討国で最も権威institutionsisのサウスポートSchoolone。TSS校長グレッグウェインは昨夜、ランダム学生各用語をターゲットになるdrugtesting政権について両親を電子メールで送信。昨年の米国の研究旅行中にアイデアを確信していた氏はウェインは、学校がtwostrikeポリシーを課すことを意図して言った。 第1の正読みになった後、学生は両親や校長とのカウンセリングを受けるだろう。下記のフィードバックフォームにご回答をしている二犯罪後に、問題のある生徒は、追放されることになる。 学校現在の政策の下で薬物の所持で見つかった生徒は、学校から追い出されている。氏ウェインは、学生数十人が、年間を通してテストされるだろうと述べた。 結果は、病理学検査室に送られる。二人の少年は、2010年にスコットランドで交流にしながらマリファナで摘発された後にTSS評議会はdrugtesting概念が孵化した。政権は、それらが当事者薬の明確な舵取りすべき学校の学生に強いメッセージを送ることを意図している。氏ウェインは、学校が他の学校よりも少ないであった、2年のキャンパスオフdrugrelated事件ごとに18ヶ月を記録していた会報に語った。なぜ我々はテストを行うことを休日に学校外で起動それは常に何か、ミスターウェインは言った。我々はドンはここで問題を抱えているが、彼らは時々大規模なパーティーに行くとき男の子は週末祝日に問題があり、これらの事は(麻薬)をご利用いただけます。TSSは来週両親のために情報のフォーラムを開催します。薬物検査をバッキング月の動きを可決した学生代表協議会を持っているとして、学校P協会とシニアスタッフは、移動をサポートしてきました。氏ウェインは、独立した学校で政策を展開するのは簡単だろうが、親がテストされる未成年者のために同意書に署名する必要があると述べた。氏ウェインは昨年、麻薬のために彼らの学生をテストしていた同じ社会経済的な人口統計とシカゴの学校を見つけました。氏ウェインは努力をスポーツ、お互いの世話、学者と一緒に、今の学生の4つの主要な要件の一つであったされていると述べた。一方、教育大臣JohnPaul Langbroekは、クイーンズランド州の公立学校では、ランダムな薬物検査を導入する計画がないと述べている。これは独立した学校が検討されている問題であり、ミスターLangbroekは声明で述べている。私は決断校長グレッグウェインが作るものは何でもサポートし、それはサウスポートの学校で学生の最善の利益になります信頼しています。生徒たちの健康と福祉は、薬物使用の危険性について子供たちを教えるために親と広い学校コミュニティと協力して、優先事項です。
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013