セリーヌ 指輪 メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌ 指輪

Twitterユーザーは、象徴的な宇宙飛行士の死の後アスクアームストロングは、手術から原因合併症を伝え土曜日に死亡した。 そして悲しいことに、Twitterで何人かの人々は、 ニール·アームストロング誰ですか?投稿されましたまあ、若者は、私たちはあなたを教えてみましょう。 ニール·アームストロングが月面を歩いた最初の男だった。 私たちはあなたのそのシンクをインチせする分だけをしてあげる仲間の宇宙飛行士バズ·オルドリン、マイケル·コリンズと一緒にニール·アームストロングは、1969年7月16日にフロリダ州ケープカナベラルから打ち上げと1969年7月21日に月(MOON ON!)に上陸した。HuffPost高校は、コメント欄で活発な、思慮深い議論を歓迎します。コメントへCommentTo返信を投稿:コメントの一番下にある 返信をクリックすると、承認された後にあなたのコメントには、返信のコメントの下に直接表示されます。愚かな人々を制御する方がはるかに簡単であり、アメリカ政府と5列目は、低すべての時間にその一般的なIQレベルをダウンさせることに成功しました。 アームストロングHO! 自転車なくし男はい。 事実とフィクションの境界線はとてもぼやけアメリカ人が著しく歪んリアリティショーから彼らの現実を得るとなっています。 パワー空腹とお金参拝と質量制御と征服のための完璧な繁殖地を野生とせずに指導を育ってきた、甘やかされて育った失礼と低能子供問題を恐れている教育システムによってHighjacked。アメリカ人のための深刻な問題は、彼らや彼らの子供たちが二次方程式を行うか、地図上にフランスを見つけることができるかどうかである。 誰もアインシュタインが誰を教える必要はありません。 深刻な問題は、任意のアメリカは何E = MC2手段を知っているかどうかである。 おそらくアメリカ人の教育の条件のこの問題に関する批評のいくつかはそれに答えることができます。 SNDは、より重要な問題は、平均的なアメリカ人が知っているか、アメリカが現在または歴史の中で、世界のどの国よりも一人当たり多くの囚人を持っていることを気にするかどうかである。 刑務所の学校や医療にお金を流すための時間。 それは安いですし、世代のためにオフに支払っている。私は本当の科学と数学を教えることの重要性についてのあなたのポイントを取ることが、私はほとんどあなたが科学の歴史について話をせずに科学を教えることができると思いません。 一方理論は、私たちは人間と影響社会行動や政治思想としての歴史の形私たちの世界では、一般的な知識と知識を理解し、設計するのに役立ちます。私が選んだキャリアパスのため、私は大学を出るので、二次方程式を解くために持っていなかったので、しばらくE = MC2はいつも私に純粋に学問的なアイデア(魅力的な哲学的な意味で)されています。 しかし、ニール·アームストロングとアインシュタインがいた人を知って、何を彼らはやったとどのように彼らは皆にとって重要であると思った。 これらの人々は私たちに人間の潜在能力の感覚を与えると、それを満たすために必要なもの。ドク多くの偉大menNewton、Semmelweiss、ティコ·ブラーエ、ユークリッド、パスツール、そしてダーウィン、ニュートンがあります。 アメリカ人は、彼らが誰であるか知りませんか、彼らは何をした。 アメリカは無知のために、知識のための驚くべき最初の場所を持っています。 ニール·アームストロングは、偉大な人の数万のshouldesに立っによって月面に着いた。 しかし、アメリカ人はそれらのいずれかの名前を知りません。 いくつかは、通常の知性のため、地図上にアメリカを見つけることができません。 彼らは、ヴァスコ·ダ·ガマのことを聞いたことがないし、彼らであり、地球は6000歳であるとして作成された、地球上にあるすべてのものを知っているので、多くの場合、ダーウィンが間違っていたことを教えられています。 ミット·ロムニーは、イエスが北米に来たと信じて教会に属しています。 サラ·ペイリンは、地球は6000歳であると考えて、それは天文学、考古学や他の科学の多くの可能性はないことを意味します。 私は票を持っている科学の基礎のように完全に無知な人々を考えるとき、私はそれが危険で見つける。 正直なところ。 それは私を心配している。 ニール·アームストロングは月に行ってきましたが、一部の人々はそれだけで映画スタジオで行わショーだったと信じている。 それらlは概念がほぼ不可能に女性の身体にレイプ(legitimte)結果を信じると思うために、その怖い。 進歩のIthe方法。 中国は宗教によって妨害されていない、教育を信じ、先に蒸しています。 すぐにそれはアメリカを追い越すだろう。
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013