セリーヌディオン ギネス メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌディオン ギネス

U N S C A R R E D私は上の心配されたことを私たちのギグにのみいくつかのマイナーな問題をオフに行きました。金曜日に。 我々は我々のドラマーを見つけることができませんでした。 彼はFirdayの午後を中心にロール、誰も彼を見ていないシンバルといくつかの他のアクセサリーなどをピックアップしてダラスのギターセンターに行くために木曜日の夜残っていた。 他のものは心配しています。 しかし私。 私は彼が何をしたか知っているので、私はただ怒ってばかりだ。 彼が出てどこかに酔ってなってきている。 よく。 彼は遅い金曜日の夜までになり、この時点で我々のベーシストは、彼がプレーすることはできませんので、酔ってたどっている。 金曜日の夜は、よくありませんでした。 私は練習から帰宅すると、私はそういまいましい、私は土曜日に私たちのショーの後にそれをファック言って準備ができていたから怒っていた。 とにかく。 エディと私は、我々はしない場合どうなるか知っているので、我々はちょうどそれを吸うと、それに行くと正のまましようとするでしょう決めるビットなごむこと後。/土曜日の周りにロールバックします。 私は物事は準備夜明けのお尻亀裂を見上げよ。 9時頃、私は行くとUHualトレーラーを拾う。 と屋ライトがフックアップしません知っているだろう。 町で誰も、私はそれを動作させる必要があるアダプタを持っていません。 ので、ここで時間といまいましい100度の熱でアダプターを作るの半分長いプロセスが行く。 我々は後半PAレンタル四時間を拾うためにダラスに向けて出発することになります。 ドライブがアップかなりスムーズでした。 我々は、彼らが閉じてわずか数分前に、PAの場所に到着した。 彼らは私がランプダウン借りたわごとをすっかり麻痺始めたとき、私はサイトを信じることができなかった。 それは巨大だった。 あなたは、私たちはウッドストックを遊んでいたと思っただろう。 この時点で、私は興奮しました!まあ。 それが今では3:00 PMだった。 私たちの家に帰る途中で私たちは、ジョーとジョシュを呼び出します。 人はまだ眠っていつものように生産的な何もしていません。 私たちはパーティーですべてのこのたわごとを設定する前に、ジョーのでサウンドチェックを持ってする必要がありました。 従って我々は我々である外に設定すべてを取得するために彼らに言った。 私たちは、午後4:00の周り到着し、もちろん、それの約半分は外にある。 私たちは、アンロードとケーブルを実行し、フックアップから始まり、あれやこれや。 私は2時間程度の配線アンプやクロスオーバーとミキサーを費やした。 などので、もう一度、我々はすべてをロードしました。 私たち自身のものと一緒に。 私はすでに疲れ果てていたファック。 私たちはパーティーに午後5:00の周り到着し約8または9で遊ぶに計画していた。 私は9時20でプルアップ。 くそー私たちは遅れていた。 我々がそこに着いたときにこれほど多くの人々がそこにありました。 すべて酔って! 私はOH FUCKのようだった。 私はこの時点で緊張していました。 ようやくセットアップ中に私は少しを緩めることができませんでした。 別の時間後に私達は行く準備ができてすべてのものを持っていた。 心の中で裸の我々は、任意のローディーを持っていません。 と音の人々は何もしません。 基本的に私はすべて専門的なたわごとを行う。 と技術に詳しくない人のたわごとのほとんど。 そう時間のすべての技術的なもの以上stressin 'すべての日の後に、それは私のギターをピックアップし、それを再生するための時間だった。 私はそういまいましい寒かった! とにかく。 我々のような2分にまとめてセットリストをスロー再生する準備をしなさい。 誰もがすぐそこです。 クローズアップ。 最初の音を待っている。 私たちは悪い宗教から始める。 SIMPLEゴッドスマックカバー。 とジョシュは、彼の気のアンプを持っていませんでした。 だから4秒我々は停止しなければならなかった私たちの最初の曲に。 私はのようだった。 OHこれはSUCKそうだFUCK。 もつとも。 彼は彼のアンプをクランク。 我々は再び始まった。 と私はこれを言うことができます。 我々は、マザーファッカーを揺るがした! 第二と第三の歌によって。 我々は、中心にある大きなモッシュピットを持っていた。 人々は 'NUTZをやった。 女の子は自分の服を脱いで。 私たちを点滅。 今、通常そういったことはたいしたことではありません。 それはあなたがプレイしている音楽が、このようにすべてのこれらの人々に影響を与えていることをあなたに明けるとき。 それは完全なラッシュです。 我々は警察を弾き始めた直後もちろん現れた。 私は、私が思うにそこだけ冷静だったと私は行って、物事を平滑化。 たぶんエリアまたは一部たわごとに銃声のレポートを持っていた。 誰が知っている。 彼は我々がプレーし続けることができると言いました。 良い最初のセットの後に我々は良い長い休憩を取ると周りのチャット。 フィードバックは素晴らしいです。 全体の観客からしない1否定的なコメント。 私はクラウド9にあった。 最後に、我々はいくつかの詳細を再生する準備をしなさい。 この時点で観客はapeshit起こっている。 数曲後に私たちは非常に素晴らしいお尻の歌に侵入。 曲の誰もが話を聞いてきた。 それはこれが本当であることを私に夜明けたとき、それはその時点である。 私は私達のドラマーに回って覚えています。 それはスローモーションとたわごとのようだった。 と彼に笑顔と会釈を与える。 私たちはお尻を蹴っていた!できるだけ早く我々はその歌を終えたように、私たちが近くに立っている警官に気づいた。 彼らはクールだったが、彼らは私たちが仕上げた。 この夜には多くの音楽はありません。 観客は多くのために物乞いをされました。 それはとても素晴らしかった。 短い休憩の後、我々はすべてのものを壊し始めた。 深酒の時間と時間は、すべてにわたって壊し始めた群衆、巨大な戦いで無知な田舎者のいくつかに追い上げを開始しました。 私は、彼らがハッスルは上にあったので、私たちのものに分類するつもりだったことを心配していた。 我々は我々の機器がトレーラーに読み込ま取得するスクランブルされた。 私は、私たちのドラマーの新しいSTRIPPERのガールフレンドに目を向けて笑ったのを覚えています。 これは、それがすべてに約あるものです。 私はトレーラーでもっとたわごとを投げたように。すべての私のバンド仲間は、この時点で揚げた。 私は完全にsoberby選択でした。 私は逮捕だか何かが起こった場合に、その夜を失うリスクにすぎなかった。 しかし、残念なことに、私は、すべての機器で立ち往生した。 時間によって、私は死んでいた家にそれを作った。 これは、午前4時00分だった。 仕事の24時間連続の内気な一時間。日曜日に。 エディと私はトレーラーを一掃しなければならなかった。 すべてのものの汚れやたわごとを清掃してください。 私たちのもの借りたわごとからを分ける。 それは仕事がたくさんあった。 AGAIN。
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013