セリーヌ 腕時計 評判 メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013

セリーヌ 腕時計 評判

Reviewで鉄戦士ビジョン20152月2日に、工学部は、次の5年間の教員のために計画された成長を概説したいビジョン2015計画を、発表する学生に開放タウンホールミーティングを行いました。 計画では、教員は、教育の質、小屋、学生のスペ​​ースや他の多くの頻繁に議論のトピックを改善するために行う上で計画しているのか概観。 学生は事前に質問を提出する機会があっただけでなく、会議中にそれらを求める。 ディーンアデルヴィッカセドラ博士ウェイン·パーカー博士ウェインLoucksがあり、両方のプレゼンテーションだけでなく、質問に答えを提供するために存在していた。 教員や行政のメンバーの一握りもあったし、時折彼らの2セントに欠けた。 鉄戦士スタッフのかなりの部分が、この会議に出席したが、ジョン·マーティンとエリンマシソンは、会議にさらに開発の洞察を提供するために、この会議の報告に協力することにしました。 次の見出しは、会議中に議論された主なトピックをカバーしています。スタッフの代表者によって対処大きな問題の一つは、2015年計画の策定及び見直しの学生の関与だった。 学生の参加は、既存および新規の委員会で最も普及しているであろう。 各部門は大幅な学生の参加を得て、独自の学部企画委員会を組織します。 スタッフの代表者が誰であるか確認し、どのようにあなたが参加することができますし、独自の学部内でチェックしてください。 学部企画委員会はまた、表現のための会場となります。 存在に既にある既存の委員の多くは、そのようなコープワーキンググループとして、ビジョン2015計画に相談し、反映されます、これらのグループの多くは、すでに我々の見解や意見を代表する学生会員を持っている。言及された学生の意見を引き出すためのJonAnother戦術は、学生の調査やフォーカスグループだった。 調査や他のメールとスパムの学部生を回避しようとの問題は、教員の代表者の懸念として育てられた。 私の考えでは、私はむしろ、メール数の増加を取得し、実際に私が代わりに総会を中心にスケジュールすることのアンケートに記入する時間を持っているときに応答する機会を持つことになります。 みんなにアンケートを送信することは私達が私達の意見を与えるために、教員のための応答のはるかに高い数値を取得するための最大の機会を提供しています。 あなたが気にしない場合は、単に電子メールを削除してください。教員は、学生に開放されて、彼らは質問に答えるために喜んでいるこれらの会議を開催することによって長足の進歩をしているエリンが、質問に答えると歓迎の入力との間に有意な差がある。 会議が進むにつれて、それが現在の教員の操作や計画の側面のますます守勢になった博士はヴィッカセドラ博士Loucks博士とパーカーのように思えた、すべての学生から来る質問が必ずしも自然の中で悪循環になっていませんでした。 頼まれていた質問のほとんどはまた、いくつかの本当に強いフィードバックや潜在的な提案を提供しているが、本教員のどれも実際にそれらのいずれかを認めていません。 本当に計画を有効にするには、学生からのフィードバックを受け取るために最も最適な方法に関する計画の等量はそれがすべての人の受信トレイに送信された調査スパムの形であっても、必要とされる。教育の質についての質問は、多くの人々は誰もが実際に我々は書き込むコース批評を読み取るかどうか、彼らの指導能力に教授が実際に '等級'されているか疑問で、会議中に多くの質問を巻き起こし、そしてなぜ同じ悪いPROFSは、何度も同じコースを教える 。 教員はすべての後、我々は私たちを教えるために、これらのPROFSを払っている、ので、これがすべての学生のための重要な課題であることを認識しています。 質問教授がコースに割り当てる方法の問題だけでなく、彼らの能力を最大限に教えることからそれらを防止している状況に起因する品質を教える程度のまま。 これらの問題の両方が教員が同定されており、計画処理が前進として調査される。現在彼らの教育方法を改善するためのPROFSのインセンティブは、それらが昇進するかどうかだけでなく、毎年増加給与に組み込まれている。 この増加は、3つのコンポーネントで構成されています彼らの教育、研究、サービスを。 教育コンポーネントが大幅に我々はディーンヴィッカセドラが他にいくつか、およびアドバイザリーの電子メールにお祝いのメールを書いて、各用語を記入しているコースの批判に基づいています。 ティーチングエクセレンスセンターは、すべての教授は、彼らが参加している場合、それらの指導方法や生徒との相互作用を改善するために働くことができるスポットです。 ディーンヴィッカセドラから非常に力強い回答を巻き起こした一つの質問は、研究資金を使用して授業時間外に購入する教授の能力でした。 この誤った名称はすぐに何教授はこの能力を持っていないという保証が、撃墜された。 一部の教授は別の特定の用語や、その他の中に少ないコースを教えることがありますが、彼らはコースを教えることの彼らの方法を購入することはできません。ジョンは私は3つのコンポーネントの賃金システムと表示される問題は、さまざまなコンポーネントの重み付け、および負のスコアを相殺する能力である。 どのように重みの高いことは私たちのコースの批判は、これは私たちの声が実際に持っているどのくらいの効果に大きな影響を与えるように、持っている。 ネガティブを打ち消すように、このシステムとの私の問題は、彼らが研究で素晴らしいですので、まだ昇給取得する教えで絶対に恐ろしいです教授の可能性である。 教授は実質的に、彼らが教えている生徒を無視して、代わりに自分の研究にすべての時間を集中することができれば、彼らは理論的には、まだ彼らの教えを改善すべきであると言ってだけ迅速諮問電子メールで、その標準の昇給を得ることができます。 彼らはまだ賃上げを得る場合は、モチベーションどこにあるのでしょうか?エリンは、評価システムの主なポイントは、現在の教授がそれぞれの部門内持っ年功序列の賃金率と程度は、最適に彼らが教える最高のフィットでしょうコースで教授に一致しない確立することです。 それはUWの教授がそれぞれの分野で非常にインテリジェントであるが、それはクラスの教授と同様、学生の両方のための闘争になるそれぞれの専門領域の外にあるコースを教えるために指示された場合ことは明らかだ。 不十分な指導力、言葉の壁だけでなく、保有を教えるために偉大な願望をしないいくつかの教授たちの継続的な問題もあります。 特定のクラスに教授を割り当てるときに個人的に、私はむしろ私たちのコースの批判を考慮されるであろう、あるいは一層の教育能力を向上させるためにワークショップに参加する教授の推奨として機能します。 現在のところ、お金が唯一の動機づけ要因である、と私たちのコースの批判は、それを決定する上で極めて重要な役割を果たしていません。 我々の教員の中にある才能のレベルを見て、私はそれがより多くの学生と同様に、教授の両方の利益のために、それを適切に管理するための問題だと思う。多くの質問は、またコースのためのTAの教育の質に焦点を当てていた。 彼らはこれまでのTAになる前に、それがそれらの抜け穴が言及されていなかったしているか、そのシステムのいくつかの抜け穴が現在存在することを認めたが、現在のTAは、期待のプロセスを経る。 教授レイモンド·レッグ、大学院の副学部長と彼のチームはまた、TAのがコースに割り当てる方法を扱うものの大学院側から問題を同定した。 これは我々の側からの改善につながる可能性が期待されています。 もちろんこれは、大学院学生がジョブとして欲しい、と学部生が実際にそれらがコースに合格するのを助けるために何をしたいの間でバランスをとる行為になります。 教員が特定していることの一つは、学生からのより多くの情報であり、好ましくは建設的な情報については、必要性である。 我々は、英語を話すことができますTAをしたいと言うことは素晴らしいですが、それは問題がどのように広まって、どのように深刻なそれらを教え、またはソリューションを生成する際に役立つことはありません。 以上の入力が良いそう。エリンすべての問題の私はTAであったが、言語の問題、またはTA側のモチベーションの単純不足のいずれかに関係している。 これは、ガイドラインをレイアウトし、それらが暫定で彼らのパフォーマンスをフォローアップに十分適用または任期が始まる直前ではなく、ときにTAプログラムへの応募者の教育を強調しすぎるがあるように思える。 学部のすべてで一貫し継続的な評価プログラムがはるかに有益であろう。 TAは、現在マーキングのための彼らの机の上にダンプ割り当てやラボを持って、その後誰も長期にわたって彼らとフォローしていない、仕事のためにサインアップしているように思える。 大学院生は、UWに受け入れられるように、私はそれは必ずしも彼らの能力の問題だと思うのではなく、教授の問題人材管理と開発の問題に似ていません。 これらのTAのの多くは、有用である可能性がありますが、避難所は、与えられたか、または彼らがそうすることを可能にするために必要なツールを教えられて。 そうすることで、再び、学生の利益になるだけでなく、TAだが、同様にさらに発展することができます。JonSoまでのところ私は本当にクラスを助けた、そしてもちろん命令の不可欠な一部となっている偉大なのTAを見てきました。 それから私はまた非常に少しの助けを提供しましたTAのがあったり、助けようとしたが、ちょうど半​​分メートルエリア外の誰もがそれらを聞くことができるように彼らの声を投影することができませんでした。 継続的なサポートは、実​​際にこれらの問題を解決するために長期にわたって必要とされる、そうでなければ彼らは次期に継続されます。 私たちは実際に言葉に言葉を参照してくださいことを制限された目に​​見える変化は、多くの学生のために、我々はPROFSとのTAについてコース批評を記入落胆要因であると思いますが、何らかのアクションがあるように思われることはありません。ほとんどの小屋の質問は仕事率と同様、小屋料に焦点を当てた、ウェイン·パーカー、コープの副学部長が応答した。 ジョブの厄介な数に応じて、パーカーは小屋の仕事の実際の増加は、この用語だけでなく、雇用率の増加を促進した。 秋学期が99%であった2010年秋には全体的な大学生の就職率は、94%であった。 これは素晴らしい数字ですが、それは考慮に学部間の差異を取ることはありません。 すべての長期雇用の数字は、実際には化学のようなプログラムで採用されている生徒の割合が低いを示す。 また別の質問で接続部門とそれぞれの雇用率の間で利用可能なジョブの数の違い:そのような求人情報の違いだけでなく、全体的なコストの継続的な増加があるときに高い協力率は、すべてのプログラム全体で正当化される理由 。 説明したようにあなたが小屋用語上にない場合でも、あなたが料金を支払う故になぜ、我々はすべての言葉を支払うことを小屋料は、私達の全体のエンジニアリングのキャリア全体で年換算しています。 CECSは、コストのほとんどが人件費に行くと、年末の財政的にも、破壊することを唯一の目的で動作します。私の小屋の用語のすべてのためにジョンは、これまでのところ、私は、複数の大規模なコンサルティング会社で、私自身の小屋の位置を整理することができました、その結果として、私は実際にJobmineを使用していない。 私は彼らが同様に中間試験や課題に集中することができ、また、自分の仕事を整理している人々の数を知っている。 これは、私の両方のクラスをバランスとコープpositons探しの頭痛の多くは免れましたが、それは小屋のために支払うことになると、それはまた、興味深い状況で私を残している。 私はすべて自分自身の仕事を組織しましたが、私はまだ1〜10から私の給料と速度私の仕事について尋ねるためにCECSから定期的に訪問を越えて、同じ小屋料私は使ったことがないサービスのために一つ一つのtermpayingを支払った。 だから今までに変更されます? 私は考えを持っていませんが、その間に、私は私が払って維持する必要がありますね。報告CECSの雇用率との根本的な問題の一つはエリンは非常に少数の人々が以上読むことを細かいプリントです。 失業者、学生、あるいは学生自身の条件で小屋の配置のための検索のかなりの数は、この図から免除されています。 就職率もUWのすべての小屋の学生だけでなく、エンジニアリング専攻を反映している。 私は、少なくとも私のクラスの良い三番目は、同じ年のCECSスタットによって暗示されるように、次の作業期間の開始時に仕事せずに、まだ6%ではなかった私の1Bの期間の終了時に覚えています。 言及が、本当に対処していなかった一つの主題は、小屋のシステムの現在の構造であり、値の学生はそれから受け取る。 それは頻繁に仕事の配置時のフィールド·コーディネーターの訪問をアップグレードするための努力が現在ありますが、非常に離れた場所を考慮CECS '毎年の費用のかなりの部分にいくつかの学生が、またインチ採用されている確かに、まだアカウントがない大きな価値を提供していないと述べられている ウォーターワークスへ現在JobMineシステムは、同様に学生に授与されたジョブの数が最大となるように、現在のランキングやマッチングシステムを改善し、提案やフィードバックを提供するために多くの機会がありませんでした。 会議の大半は小屋に関する質疑応答に費やされていたので、学生が最も2015年計画の小屋の側面を懸念していることをすでにかなり明らかだ。学費が増加し、コストに関わる主なコメントは値下げだけでなく、私たちのお金が実際にどこに行くかの透明性の可能性についてだった。 ディーンヴィッカセドラは、これらの発生が近い将来に期待されていないにもかかわらず資金調達法の政府の変化は、授業料の主要な増加をもたらした以前のインスタンスに言及した。残念ながら授業料、大学の質の間のトレードオフが常にあります。 あなたはまた、サービスの半分の損失を受け入れなければならないよりも、授業のためにできるだけ多くの半分を支払うことにしたい場合、我々は期待して使用しています。 それは我々が多少それを受け入れなければならない授業が増えるの痛みになると我々の両方が完全に同意するが、結局は、むしろお金を節約するだろうが、芸術で立ち往生することが?関連のノートでは、質問は選択科目を取るための差動コストに関連して、タウンホールミーティングで人によって育てられた。 学期にしながら我々は、追加費用なしのために必要な数の選択科目として取ることができます。 それは良いアイデアですか、あなたが割り当てられたものを渡すため、実際に担当しているときに余分なコースで自分自身をオーバーロードするのではなく、それはまた別の問題であるかどうか。 残念なことに、同じコースを取ることは、作業期間にあり、実際に実際にそれらでよくやってに専念する時間を持っているときに、また、非常に高価なことができます。 他学部の学生がコースを取るために400ドルを支払うかもしれませんが、我々は工学で同じコースのため、約二ことを支払わなければならない。 この不一致のための正当化は、我々は、それが常に各用語を上がっているように見えるが、それは本質的に私達の全体のエンジニアリング·プログラムのための標準的な料金ですもちろん私たちの教育のためにセット料金を支払うということでした。 一方、多くの他の学部の学生は、個別に各コースのために支払う、この差は、差動賃金構造のための原因である。エリンは、会議中に言及されたもう一つのポイントはcomparitively、UWは 'のお金ではないたくさんの'を持つ比較的若い学校であるという事実だった。 私の銀行口座は、その文で異なること頼むが、私は彼らがまだ学校でお金を投げても構わないと思っている卒業生の偉大な、広大な歴史と大規模なコミュニティを持っていないUWから来ていたかを理解、また、平均的な大学生を行うことができます UWでまた彼らの金融寛大さのためにそれらにちなんで名付けられた建物を持っている家族から来る。 それはほとんどの部分UWの学生がいないので、寛大な寄付に、自分の知性と努力に基づいて学位を受けるために、それが私たちの大規模な高授業料の形で私たちのすべてを噛まないように戻ってくるということであるほど嬉しい。 コスト削減は、大学の利益またそれの学生ではないでしょうが、私は教員ではなく、高い授業料から価値創造に焦点を当てるべきだと思う。 彼らが実際に提供され、教員が入れ、質の高い教育と労力が飲み込む学生人口のために高い金額が少し簡単になりますすべてのサービスから自分のお金の価値を得ていること、学生を表示しています。 経済が回復し続けて学部​​入学率が増加するにつれ、奨学金や奨学金に関するさらなる重点も特に不安定な小屋の雇用率と考慮されるべきである。ジョン私は差科目コストが意味をなさないと思います。 我々はすでに我々のプログラムのために払っているなら、我々が取ることが追加のコースはただ上に追加されるべきである、彼らは我々が工学であるという事実とは全く関係を持っていないはずです。 他の学生が支払っている価格は、コースを実行するためのコストの代表であるならば、それは我々が我々が正確にコースを取って他の誰と同じように扱われるべきです。支払うべきことである 政権は、補完的な研究科目によって定め限ら選択肢を越え、もっとよく丸めの人になりたい工学部の学生をサポートする必要があります。 大学は非常に多くの異なるものを学ぶ機会であるが、我々のプログラムは、私たちはほとんどそのを活用する機会を得ていない構成されています。 彼らの視野を広げたいと思うすべての学生は、すべての条件で、すべての学部のための平等な待遇を通じて、大学の管理によってサポートされる必要があります。我々はすでにビジョン2010は私たちのキャンパスレイアウトエンジニアリング5に与えた効果の一部は、すでに開いていて、私はこの来る夏に公開されるエンジニアリング6段階を見てきました。 これらの二つの建物の間にはコンピュータラボ、セミナールームだけでなく、新たな学生チーム湾の形で学部学生の利用に専用スペースが既に存在する。 増加学生人口調査と作業スペースで、特にグループやプロジェクトの仕事のために、手に入れるのは難しいです。 追加の建物のためのより多くの計画はもちろんありますが、これらの建物内のスペースを開発する方法のために提供されている限られたフィードバックはまだあります。 さらに重要なことはしかし、使用されているこれらの新しい建物を見て周りにはできません私たちにとって、既存の建物の中で、学生のスペ​​ースを開発するの言及の欠如である。それは私が平和的に仕事をするために、キャンパスのどこにでも持っていないでしょう鉄の戦士の事務所がなかったらエリンは、完全に正直に言うと。 コンピュータラボのほとんどは、あまりにも大声で暖かく、または壊れたコンピューターに満ちどちら常にいっぱいです。 でも、まだ、コリンエステラーゼクラスのほとんどの割り当てがコンピュータを必要としないので、コンピュータラボで店を設定することは比較的無意味です。 エンジニアリング、建物内の小さな部屋は、サイレント研究スペースあるいはコンピュータ作業スペースへの負担の一部を軽減するためのグループワークのために割り当てることができます。 私は、これはまた部門は彼らの学生は通常、すべての工学部の学生を満たす研究スペースのいずれかのタイプを構築するために、そのことは非常に困難として行う作業のタイプに適した作業空間との学生に提供する仕事にステップアップすることができる場所であると感じ 。 これは、再び多くの学生の影響力と多様化が必要な計画の別のセグメントです。それが今開かれたコンピュータラボを含め、建設を終えた前に、ジョンは昨年、私がツアーE5にチャンスを作ったが、設計·ベイや教室のすべて。 この建物は、実際にどのくらいのエンジニアリング部門は、実際に学生の革新的な精神を認識さを見せてくれた。 私たちは、ここで提供教育の質を示し、全国の大学と世界を表現し、最後に大学は、実際に学生の開発のこのブランチの開発にスペースを入れている。 私はすべてのエンジニアリング部門のために新しく、革新的な空間を提供するべきであるE6パート2およびE7、のための計画を含め、エンジニアリング部門の将来の発展のために非常に楽観的です。ビジョン2015は私達のためのエンジニアリング学部の将来のため、あなたの意見をビジョン2015のウェブサイトに行くと、あなたが見たいと思って変更を加えることに影響を与える絶好の機会です。 我々は潜在的なsolutionandが存在するすべての苦情は、これは我々は、これらのソリューションは、アクションに入れて見る必要がある場所です。
メンズ バッグ|財布|長財布 レディース 人気 新作 激安 2013